おりものとびらんの関係

おりものとびらんの関係

「おりものが多い」から婦人科へ行ってはみたものの、「腟カンジダ症」「腟トリコモナス症」などの病気は認められなかった人たちがよく言われるのが、「子宮口のびらんがあります」ということ。

「普通の人よりもびらんの箇所が広いみたいね」と私も言われたことがあります。手術するようなものでもないし、病気ではないから、もし気になるようならまたいらっしゃい、と言われて済まされてしまいました。
でも「びらん」なんて言われるとすごく気になりません?「びらん」って皮膚が傷ついちゃってるんじゃないの?って。

病気によるおりものや基礎知識についてはおりものについてをお読みください。

「びらん」はみんな、持っている

子宮の出口の部分の上皮(皮膚みたいなもの)には、2種類あって(扁平上皮と腺上皮)、中でも 腺上皮では一層の腺細胞が並んでいるだけ(皮膚が薄いってことでしょうね)なので、その下の血管が透過されて見える。するとこれが赤くただれたように見えるそうです。なので実際には「皮膚が傷ついてしまったびらん」ではないのだけれど、そう見えるのでここも「びらん」と呼んでしまうんだそうです。

つまり、子宮口の「びらん」は病気ではないんですね。
ただ癌の初期症状として「びらん」が出てくることもあるそうで、お医者様によっては「びらん」が見られると子宮癌の検査をする場合もあります。そして異常がなかった場合には、「みんなが持っているびらん」として扱います。

「びらん」が起こす不快な症状

「びらん」が起こる腺上皮は粘液を生成する細胞が並んでいます。そうすると「びらん」の面積が広いほど粘液が多く出る=「おりものが多い」原因となります。
おりものが多いとおりものシートで普段から気を使わなければならないし、結構臭いも気になったりするんですよね…。
また腺上皮は外的刺激に弱いため、性交などで出血を起こしやすいことも。

治療法

「びらん」そのもののではなく、対症療法として、膣の洗浄や抗生物質の膣錠(クロマイ膣錠など)を使うことによって、「びらん」による炎症(外的刺激に弱いため、普通の炎症もおきやすい)をとると一次的に症状が軽くなることがあります。

またレーザーなどで「びらん」を破壊し、縮小させる方法などがありますが、治癒するまでに1ヶ月ほどかかるそうです。しかし「びらん」の大きさとい うのはエストロゲン(女性ホルモン)の量によって決まるもので、エストロゲンの分泌が正常な状態にあるうちは(つまり、正常に生理が来ている間は)いずれ またびらんは元の大きさに戻る可能性が高いのです。
この治療法は保険の対象外な上、何万もかかるそうで、なかなか踏み切るには勇気が要りそうです。

それでもやっぱり、おりものの臭いが気になるときに

病院に行っても特に異常は見られなかった、病院では「気になったときに試してください」とクロマイ膣錠を渡されて終わり、なんてことは私にもありました。
クロマイ膣錠を試せば、確かに一時的に臭いは気にならなくなりますが、また病院に薬をもらいに行くのも正直面倒です。
あぁ、でもやっぱり気になるおりもの、年齢を重ねるごとに臭いもさらに気になり始めて、おりものシートをどのタイミングで換えようか、ばかりを気にしてしまう日々が続いていました。

臭いが気になるのは雑菌が関係しているからだということで、VIOラインの脱毛にチャレンジもしてみたり(笑)
ただ雑菌は外側だけでなく、内側、つまり膣内環境にも影響するんだそうです。
膣内環境をよい状態にするには「乳酸」が良いらしくて、こんな商品が売られていたので、こっそり使ってみました。

おりものの臭いが気になるときにインクリア

婦人科医との共同開発!腟洗浄器inclearインクリア

膣の洗浄や抗生物質の膣錠だと膣内の常在菌まで取り去ってしまい、膣内環境を乱す恐れがありますが、「インクリア」は膣内の常在菌のバランスを崩さないのがメリット。
”腟の自浄作用”をサポートし、ニオイやおりものを軽減する目的で開発されています。
中のジェルには乳酸が配合されており、それを腟に注入することにより膣内を酸性に傾け、雑菌の繁殖や侵入を防ぎ、結果としてニオイおりものを軽減してくれるんだそうです。
産婦人科医と共同開発した市販品なので、買いやすさに加えて安心感も違いますね。

念には念を入れて、外側からのケアも忘れずに!

おりもの・ニオイの気になる方に << ジャムウ・ハーバルソープの詳細・購入はこちら
外出先でおりもの・ニオイをさっとケア << LCジャムウデリケートウェットの詳細・購入はこちら
おりものや臭いの元を、パックして洗い流す! << LCジャムウ・デリケートパックの詳細・購入はこちら

[ 参照 ]
三宅婦人科内科医院 子宮膣部びらん
レディースホーム びらんってどういうもの?

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone