笑顔は健康な歯から

笑顔は健康な歯から

朝昼晩を雑にやるのだったら夜1回だけでも丁寧に

朝昼晩の3回ちゃんと磨いているから大丈夫!って油断していないですか?それが雑だったら全く意味がありません。だったら時間のある夜にじっくり丁寧に磨くほうが虫歯予防や歯周病予防には効果的。

歯科医のお話では24時間に1回は徹底的に歯の磨くのが鉄則だそうですよ。
特に 睡眠中はだ液の分泌が少なくなるので虫歯になりやすい時間帯。虫歯予防のためにも就寝前の歯磨きに重点をおきましょう。

歯磨き粉の合わせ技

  1. 毎日のブラッシングには、研磨剤をあまり含まない歯磨きを。
    ※研磨剤の含まれた歯磨きを毎日使うと、歯の表面が削れてしまい、色素の付着をかえって促進してしまいます。
    のんは現在電動歯ブラシ用の歯磨きジェル(研磨剤0)のを使っています。泡立ちもねっとりしているので電動歯ブラシでも飛び散りにくいです。電動歯ブラシの時に研磨剤の含まれた歯磨き粉を使うと手磨きよりも歯の表面が削れてしまうそうです。
  2. 2~3週間に1度、歯の表面についた色素を落とす効果のある歯磨きを。
  3. 月に1度は研磨剤が多く含まれている歯磨きで歯の大掃除。

歯の正しい磨き方

強い力で磨いても汚れはあまり落ちません。ブラシを歯に強く押しつけると毛先が外向きに開いてしまい、かえって清掃能力が落ちますし歯茎を痛めてしまいます。適度な力で1本ずつ丁寧に磨きましょう。手に力を入れず軽く撫でるようにすると上手くいきます。

歯の黄ばみ・着色を防ぐ

食後、時間をあけずに歯磨きをするのがコツ。歯磨きできない状況の時は、口をゆすぐだけでもOKです。また、歯の着色を落とす効果のあるマウスウォッシュやガムを使うのもいいかも。

赤ワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラ、ブルーベリー、赤ぶどう、などの色のついた食べ物・飲み物は、色が歯に移りやすいので、食べたら必ず口をゆすぎ、歯についた色素や汚れを放置しておかないのが鉄則。

フロスや歯間ブラシを上手く使いましょう

どんなに歯ブラシで歯磨きを徹底的にしても歯と歯の隙間の汚れを落とすのは難しいもの。
フロスや歯間ブラシを使うと歯と歯の間に入り込んだ色素や汚れを取って歯ぐきを引き締めてくれるだけでなく、歯垢の除去率を100%近くにまですることができます。
そして 歯と歯の間はふだんあまり刺激を受けないので血行不良のときもあるのですが、フロスや歯間ブラシを使い続けることでマッサージ効果も得ることができます。

ラニール デンタルフロス
アメリカでは人気のデンタルケア・メーカー「ラニール社」。こちらは米国歯科協会推奨品であり、定番商品のデンタルフロスです。歯と歯のすき間にどうしても残りがちな歯垢。通常のブラッシングでは落ちにくい汚れは、フロスでの歯間清掃を習慣にして丈夫な歯に。

定期検診を受けましょう

学校や会社で定期的に検診を受けられるならいいのですが派遣の方や主婦やフリーターの方は自分で行かないと検診は受けられません。

ベストなのは3ヶ月に一度くらいですが、みなさん忙しいでしょうし検診と言ってもお金はかかるのでせめて半年に一度は歯科医にちゃんと自分の歯をチェックして貰いましょう。

電動歯ブラシも捨てたもんじゃありません

私が愛用している電動歯ブラシはソニッケアーです。以前は他社の製品を使っていましたが結構磨き残しが多かったんです。でもソニッケアーはかなり優秀ですごく歯がつるつるになります。しかも時間が経ってもこのつるつる感が続いているんです。

ソニッケアーを使うと歯磨きの時間が2分と短縮できるうえにきちんと磨け、腕も疲れません(笑)。お値段は安くはありませんが、将来の自分の歯の為にもいかがでしょう。

ソニッケアー
ソニッケアーは多くの米国の歯科専門家の間で使用されています。従来のソニッケアーより更に歯垢除去力が20%UP、コーヒー、紅茶、タバコなどによる汚れをかなり減少させ、歯をより自然な白さにします。

どうしても気になるなら矯正治療やホワイトニングも

海外では歯並びが悪ければ当たり前のように、矯正治療を行います。というのも色々な人種が入り乱れる海外では曇りのない笑顔が「敵対心がありません よ」という重要なボディランゲージの一つなんですね。その小道具が健康そうな白い歯というわけです。歯並びが悪くて思いっきり笑えない・・・なんて哀しい ですよね。そして歯並びの悪さは体調不良の原因になったり、磨き残しやすさから虫歯になりやすかったりもするんです。

今は裏からワイヤーをはめたり、目立たない色のブリッジを使ったり様々な工夫がされていますので社会人になってからでも人目を気にせず矯正治療が出来たりします。

歯科矯正総合情報サイト SMILE WEB

また歯の黄ばみが気になる方なら一度歯のクリーニングやホワイトニングを受けてみてはいかがでしょう?歯医者さんで行うホワイトニングや自宅で自分で毎晩ペーストを塗るホームホワイトニングなど歯を白くする方法には数種類あります。

私がいつも行く歯医者でもホワイトニングをしていますがホームホワイトニングが大体3~4万ほどだそうです。お金が貯まったらいつかやりたい・・・。

ホワイトニングの種類や値段を参考に→ホワイトエッセンス
茶渋やヤニなどの着色汚れを優しく劇的に落とすブランカ

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone