ファンデーションの選び方

ファンデーションの選び方

ざっとよくあるファンデーションの種類とそれに合う肌質・用途をまとめてみました。下の表を参考にしてみて下さい。最近は優秀なファンデーションが多いので肌質などは気にしないでも大丈夫。簡単に塗りたいのか、手間をかけてカバーしたいのかを重視するといいですよ。

ちなみに個人的に、私のお薦めはリキッド。仕上がりが奇麗です。

ファンデーションのタイプと特徴

リキッドタイプ■肌質乾燥肌 ~普通

カバー力有り。薄くも濃くもでき応用範囲が広いが手間がかかり、手が汚れる。

クリームタイプ■乾燥肌 ~普通

保湿力・カバー力有り。薄くも濃くもでき応用範囲が広いが手間がかかり、手が汚れる。

スティックタイプ■乾燥肌 ~脂性

カバー力有り。簡単に塗れて手も汚れない。奇麗にのばすにはテクニックがいるかも。

半練りタイプ■乾燥肌 ~脂性

簡単に塗れる。乾燥肌の人にはややムラになりやすいかも。

パウダリータイプ■普通~ 脂性

手軽で簡単に塗れる。カバー力がやや弱い。

色の選び方ですが結構皆さん白めのお色を選びがちになっていると思います。
基本は首の色(耳の下の首筋)と同じ色を選ぶようにしましょう。 シミやそばかすなどが気になる方は一段階暗い色を選び、ハイライトで全体の調子を整えるようにすると目立たなくなります。

大体の方はハイライトやお粉やパールなど、光系(明るい要素)を足していくメイクが多いと思うので多少暗めを選んでも大丈夫です。

またお肌の調子が悪いときはクリームやリキッドよりもパウダータイプの方がお肌に負担をかけません。
一番ベストなのはお化粧しないことがいいのですがそうもいかないのが現実です。

そして今時は一年を通してUVカット効果のあるファンデは絶対条件です。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone