ビューラー(アイラッシュカーラー)の使い方

ビューラー(アイラッシュカーラー)の使い方

ホットビューラー(まつげくるん)などとの合わせ技が一番睫毛が上がりやすいのですが、使う前にドライヤーでビューラー自体を軽く暖めておいても睫毛が上がりやすくなります。(暖めすぎるとやけどをしてしまいますので注意)

ビューラーをかけるときは、一気にやるのではなく少しずつ根本から毛先へずらしながらやること。
力を入れすぎず、様子を見ながら何回かに分けてやると失敗しません。
またどんな表情にしたいかによってビューラーの使い方も違ってきます。

例えば
かわいくらしく・・・ビューラーも上の方へ上の方へかけて睫毛をくるんとさせる。
大人っぽく・・・ビューラーを目尻の方へ持っていくように使い睫毛を目尻上方向へカールさせる。
着物の時・・・目元だけを立ち上げる程度で毛先にはカールを付けず和の雰囲気に。

お勧めビューラー(アイラッシュカーラー)

SUQQU アイラッシュカーラー
目もとの丸みにピタッと密着するビューラー。まつ毛の根元部分に入り込んで、自然なカールを実現します。替えゴムも単品で買えるのが便利。

資生堂 アイラッシュカーラー
多くの女性のまぶたから考え抜かれた形のため、フィット感が違うと口コミでも評判の良い資生堂のビューラー。替えゴムが非常に安価で単品で買えるのも魅力。

Excel(エクセル) スプリングパワーカーラー
スプリングパワー構造と楽に握れるハンドルで、力を入れなくてもまつげを楽にカールアップできます。
すごくクルンクルンになるので、逆にカールさせすぎに注意。(マスカラが塗りにくくなります)構造のせいか、ポーチに入れるには少しかさばるように思います。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone