コントロールカラーの色と効果

コントロールカラーの色と効果

今やコントロールカラーも進化して色々な色の製品が出てきています。上手に使えば厚塗りにならずにお顔の欠点や雰囲気を変えることができますのでここではお色別に効果の違いを紹介したいと思います。

この色の特性を覚えておけばファンデーションの上に付けるフェイスパウダーにも応用できるので覚えていて損はないですよ。

orange

アプリコットオレンジ

くすみがちな人や肌色の悪い人に、元気で、健康的な肌に見せてくれる。くすみやクマの気になる部分にポイント使いが効果的。ただし、目の下はよれやすいので重ね塗りはしないこと。

yellow

イエロー

ニキビ跡などの赤みや、肌が薄くて血管の赤みが気になる人などの赤みを消したいときに有効です。オークルよりの明るいお肌に仕上がります。赤みの気になる部分だけに重ねるのがポイントです。

purple

ラヴェンダーパープル

黄味を押さえツヤ効果・華やかさや品のあるお肌に仕上がります。ただし、肌の赤みが強い人は、かえってくすみが出てしまうので避けた方が無難。

pink

ピンク

赤味を加え上品さ・かわいらしさを加えてくれます。全体に塗るのではなく、頬やあごや鼻筋などのハイライトを入れる位置でポイント使いすると効果的です。

blue

ブルー

色黒なお肌を透明感のある白肌にします。ただし使いすぎるとタダの顔色悪い人になってしまうので加減が大事です。ハイライト代わりに使うと首とのギャップも少なくて済み、自然な仕上がりになります。

silver

シルバーパール

パーティや結婚式などの席に華やかに装いたいときに効果的です。つけすぎると「テカテカ」にみえてしまうこともあるので、つけすぎは厳禁です。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone